EFOS E1(イーフォス)の欠点|買う前に知りたかったこと

投稿日:

イーフォスには意外と知られていない欠点が隠されています。デメリットを知らずに購入してしまったら「そうだったのか!?」と気付き後悔してしまう人もいるでしょう。

今回はそんな失敗をして欲しくないので、先に欠点の方をご紹介します。

もちろん色々悪いところはございますが、それでも優れたアイコス互換機であると私は思っています。

イーフォス(EFOS E1)の欠点・デメリット

イーフォスの欠点を5つご紹介します。

デメリットを知ってから購入を検討してください。

10本分のバッテリーしか無い

これは結構辛いデメリットだと思います。

イーフォスには「約10本分」のバッテリーしか無いので、アイコスヒートスティックの1/2箱吸ったら充電しないといけません。なので1日1箱吸う人はモバイルバッテリーを持ち運ばないと持たない計算になります。

ヘビースモーカーにとっては、かなりめんどくさい欠点だと思います。

予熱に30秒ほどかかる

イーフォスは電源ONすると予熱が始まります。

その時間がアイコス・アイコス互換機と比べて長く、30秒ほどかかります。意外と長いのでせっかちの方は「早く終われよ」と思ってしまうかも知れません。

ただイーフォスは連続吸引(チェーンスモーク)可能なので「2回目からは予熱なし」で吸い始めることができます。これはメリットだと思います!

3D加熱システムだからたばこスティックが外れやすい

アイコス(IQOS)はブレードで温めますが、イーフォスは3D加熱システムというグロー(glo)の様なペーパーごと周りから温めるタイプです。

なのでたばこスティック(ヒートスティック)をしっかりと固定できないので「外れやすい」という欠点が隠されています。意外と外れちゃいから困る…。

一応「スライドボタンで挟む」という方法を使えば『外れにくく』することは可能です。

ペーパーごと加熱するので雑味がある

イーフォスは内側から温めるのではなく、外側からペーパーごと加熱します。なのでペーパーの紙臭さ?雑味?みたいなので出るのでイヤな人はイヤかも?

ただキック感が強くなった!味が良い!という評価の仕方をする人もいるので必ずしもペーパーごと加熱するのがデメリットではない。

充電がUSBなので面倒

イーフォスは充電がUSBケーブルでパソコン等に繋ぐ必要があります。

ただイーフォスは「5V1A/5V2A」に対応しているのでスマホ充電器で充電可能です。更に高速充電タイプを使用しても2Aまで対応しているので問題ない。むしろ75分程でフル充電になると嬉しい面も多いです。

もちろんモバイルバッテリーでも充電可能!いつでも充電できるね。

イーフォスにはアイコスにない良い点・メリットもある

イーフォスのデメリットを紹介してきましたが、もちろんメリットもありますよ!

欠点を知っていても欲しい!イーフォスの良い点をご紹介します。

連続吸引(チェーンスモーク)できる

イーフォスは5回まで連続吸引(チェーンスモーク)できる。

これはアイコス、他のアイコス互換機にはないメリットです。むしろイーフォスを買われる方はこの機能目当てで買うのではないでしょうか?

低温/高温モードに対応

イーフォスは低温モード・高温モードに対応しています。

低温は風味を楽しむためのモードで、高温モードは味やキック感を強くするモードです。例えばバランスドレギュラーを普通に吸いたい時は低温モードを使い、キック感を強くしたい時は高温モードを使うなどが可能です。

-15℃~50℃の耐久温度

イーフォスは寒さに強いアイコス互換機です。アイコスは氷点下で使うと赤ランプが点滅し使えないという不具合が発生します。逆に暑すぎても赤ランプが点滅する。

しかしイーフォスはマイナス15℃~50℃まで耐えるので寒い地域の北海道から沖縄まで問題なく使用することができます春夏秋冬使用可能なのは嬉しいですね。

まとめ

イーフォスにはバッテリーの少なさやヒートスティックが外れやすいなどの欠点・デメリットが存在しました。しかし連続吸引(チェーンスモーク)可能や低温・高温モードに対応しているなどメリットも存在しました!

1回の充電で沢山本数を吸いたい方にはおすすめできませんが、一度に何本もチェーンスモークしたい方にはとてもオススメなアイコス互換機です!

EFOS E1(イーフォス イーワン)の公式サイトはこちら

-イーフォス

Copyright© アイバディを超えた!?イーフォスがアイコス互換機で最強な理由! , 2019 All Rights Reserved.